The World is Not Enough.

The World is Not Enough.

主に映画と海外ドラマの感想を書いてます。ネタバレなしカテゴリ以外はネタバレあり。時々文房具やコスメの話も。

ターザン:REBORN

広告

王道をゆくようなストーリーで、基本的に安心して観られます。

 

動物たちがとてもダイナミックで、映画館ならではの臨場感。

ターザンが木々の合間を抜けてゆくシーンも、臨場感たっぷりです。

 

アレクサンダー・スカルスガルドは、台詞こそ少ないものの、野性味と英国紳士のダンディーさを、ちょうどいい塩梅に表現できていたかなと思います。

女性は彼の肉体美も必見(笑)

 

そして、ジェーン役マーゴット・ロビー

キュートさと、芯の強さのあいまった1つ1つの表情が絶品です。

彼女は現在、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍していますが、その活躍が頷けるだけの魅力がありますね。

 

サミュエル・ジャクソン、クリストフ・ヴァルツは安定の存在感。

多くを語らないターザンの替わりに、サミュエル・ジャクソンが映画の登場人物と観客とを繋ぐ、ややコメディ的な役割をしています。

ジャイモン・フンスーは思ったより出番が少ない!

 

全体的に落ち着いたトーンで話が進んでいくので、退屈と感じる方もいそうではあります。

ただ、落ち着いたトーンだからこそ、主役二人の存在感が光っているのではないかな。

 

劇中、要所要所で、マーゴット・ロビー(ジェーン)がサミュエル・ジャクソン(≒観客)に、ターザンの過去を話すのですが、そのあたりを鑑みても、タイトルは原題通り"The Legend of Tarzan"で良かったのでは?

 

※同時期に公開されたジャングル・ブックの感想です。

こちらでもターザン:REBORNについて少し触れました。

gisele007.hatenablog.com

 

The Legend Of Tarzan 2016年07月30日公開

 

 

 

 

アニメーション版。