The World is Not Enough.

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The World is Not Enough.

主に映画と海外ドラマの感想を書いてます。ネタバレなしカテゴリ以外はネタバレあり。時々文房具やコスメの話も。

【試写会】マグニフィセント・セブン

広告

試写会に行ってまいりましたので、とりあえずの感想を。

公開日以降にもう一度観るつもりなので、ネタバレ有りの感想はその際に書く予定です。
※ネタバレ有りの感想はこちら。

 

f:id:gisele007:20170123235718j:image

 

もろに西部劇なので、まずは西部劇が嫌いじゃないことが前提ですが…
義理と人情、男の友情万歳!という方は、迷わず劇場へ。

格別西部劇が好きなわけでもなく、『七人の侍』『荒野の七人』ともに未見なので、観る前はついていけるか不安でしたが、問題ない造りでした。

というよりこの映画、自分でも驚くくらいツボにハマりました。

 

銃声の一発一発、そして馬のいななきと足音が身体にズシンとくるのが心地よい。
乾いた大地も土煙も、目の前に広がるスクリーンで観てこそ。

 

仲間集めの過程がかったるいと嫌だなあと心配でしたが、そんな心配は無用でした。テンポ良し。
グロいシーン、残酷すぎるシーンもないのでチキンハートにも安心な仕様。

 

クリス・プラットはいつもの通りクリス・プラットなんですけど、登場からラストまでニヤつかせてくれます。
ほんと、オイシイところ持っていきすぎじゃない!?


ただ、個人的お気に入りは"メキシコ野郎"。
変態かと思わせておいて一番アツイ奴ってのがもうね、私のハートにストライクですよ。

 

七人ともキャラが立っているので、観終わったあと、みんなで誰がツボだったか話をすると楽しそう。

 

何気に(普通に?)マット・ボマーが出てたのがびっくりしました。
最初、そっくりさんかと思っちゃった。

 

言わずと知れた(?)オリジナル。

 

『七人の侍』リメイク。今回の『マグニフィセント・セブン』元ネタ。