The World is Not Enough.

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The World is Not Enough.

主に映画と海外ドラマの感想を書いてます。ネタバレなしカテゴリ以外はネタバレあり。時々文房具やコスメの話も。

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK

映画 アクション トム・クルーズ

広告

単体として評価するか、続編として評価するかで点数が変わるので、スコアをつけるのがとても難しい作品。

単体としての満足度は高め。

 

『ミッション・インポッシブル/ローグネイション』に続き、「あのシーンがもう!?」という驚き。

相変わらず、容赦無く敵を痛めつけるトム・クルーズ

キャプテン・アメリカ/ウィンターソルジャー』より、もっと凛々しい姿を見せてくれるコビー・スマルダーズ

ジャック・リーチャーと同じく流れ者、正体不明ながら存在感のある敵役。

 

では、満足度はそれなりに高かったのに、なぜ前作より好みでないかというと…。

 

まず、足枷的なキャラクターが出てくるのが個人的に好きじゃない。

そして、続編として見たときに…

前作に散見された、謎にユルいギャグが大幅に減少。

ハードボイルドな雰囲気もあまり無し。

そして、前作で味方が非戦闘員の1人しかおらず、ほぼ主人公の孤軍奮闘であったことで出ていた"アウトロー"感がなくなってしまった。

それとともに、緊迫感も減少。

 

というわけで、この映画に何を求めるかによって、人それぞれ大きく評価が変わってきそうな作品。

ただ、トム・クルーズが嫌いじゃなくて、アクション映画が好きであれば、「観なきゃ良かった〜」となることはなく、「面白かった!」という感想になることと思います。

 

 

Jack Reacher: Never Go Back 2016年11月11日公開