The World is Not Enough.

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The World is Not Enough.

主に映画と海外ドラマの感想を書いてます。ネタバレなしカテゴリ以外はネタバレあり。時々文房具やコスメの話も。

エクス・マキナ

冒頭から最後まで、じんわりした緊張感に包まれる作品。 はっきりと怖かったり、目を背けるようなシーンがあるわけではない。それなのに全編に漂う、底知れぬ、不穏で、ただ事ではない空気。 登場人物はたったの4人。 ノリにノッてるアリシア・ヴィキャンデ…

アウトロー

地味なんだけど、なんだかスルメ的な作品。 ちょいちょい挿入されるアクション(ただし地味)と、これまたちょいちょい挿入される、クスリと笑えるシーン(これまた地味)。 両方がゆるーい感じに合わさって、ハードボイルドなのに不思議とユルい雰囲気を醸し出…

ジェイソン・ボーン

IMAX2Dで鑑賞。 大音量が苦手でない方は、ぜひIMAXでご覧ください。 前3部作もそうでしたけど、格闘シーンなど、スクリーンの大きいIMAXに歩があると思います。 私たちの知っているジェイソン・ボーンが帰って来た! 行って、観て、感じてください!!! そ…

トゥームレイダー

アンジーの出演している映画はたくさんあるし、演技が素晴らしいものは他にもある。 けれど、私にとってのアンジー映画No.1は、間違いなくコレ! BS/CSで放送しているのを見つけるたび、ついつい観てしまう。 アンジーの、アクション女優としての地位を築い…

ラスト・ウィッチ・ハンター

予告編を観て、『ヴァン・ヘルシング』的な感じなのかな?と、あまり前知識のないまま鑑賞。 ファーストデイということもあり、場内は満員。 意外と年齢層高めだったのが印象的でした。 オープニングがなんだか画面がごちゃついて見辛い! ここは掴みとして…

PAN ネバーランド、夢のはじまり

公開当時、劇場で観るか迷ったあげく、観なかったけれど…後悔はないかな!?笑 全編通して「このシーン(展開)、○○っぽい」と、他の作品が次々頭をよぎります。 だからといって退屈なわけではなく、むしろ数々の映画の王道シーン名シーンの寄せ集め…いや、ご…

スーサイド・スクワッド

さあさあ、観てきましたよ~! といっても、予告編の出来の良さのわりに"バズ"らなかった試写会後のSNSの雰囲気とか、ジョーカーの出番があわせて10分程度と分かってからの、やたらの「悪カワ(=カワイイ)ヒロイン ハーレイ・クイン」推しとか、不安要素は…

キング・オブ・エジプト

予告編のみの時点の感想は、「CGすごそうだなあ~」「主人公とおぼしきコソ泥(?)がおちゃらけてそうなのが気にかかる」という感じでした。 ストーリーの主軸は、原題の「エジプトの神々」のイザコザであり、そこに人間代表のコソ泥ベックが関わっていきます…

グランド・イリュージョン 見破られたトリック

前作未鑑賞の方は、出来れば観てから、本作を観て欲しい! けれど「前作観てないから…」ってことで観るの諦めちゃうぐらいなら、観ちゃえ!!!と言いたいです。その場合は後から前作を観てください(笑) 原題は"NOW YOU SEE ME 2"で、本編の最初のほうと最後…

グランド・イリュージョン

ずばりそのものをネタバレしているわけではありませんが、まっさらな状態で1回目の鑑賞をなさりたい方は、お読みにならないことをお勧めいたします。 まず最初にことわっておくと、以下でぐだぐだと持論(妄想)を展開していますが、この映画はものすごく面…

ミュータント・タートルズ

洋画に出演している女優が、インタビューで自分の役について「キャーキャー叫んで助けを待ってるだけのセクシー要員じゃないところがいいわ」なんて言っているのを、よく見かけます。 「今どきそんなヒロインもそうそういないでしょ?」と思っていた私。 …い…

ゴーストバスターズ

「男性主人公たちを女性に変更、ね~…。どうなの?安易すぎない?」と、予告編を観るたび思っていた本作品。 そんな思いを、いい意味で裏切ってくれました。 オリジナルの、イケてない主人公たちの醸し出すゆるい雰囲気はしっかり残しつつ、中~後半では、お…

ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]

地上波で以前に観たときは、カットされまくりで話がいまいち繋がらなかったせいか、そこまで面白いとは思えず。 ファンタスティック・フォー3作品セットのBlu-rayが発売されたので、久しぶりに観てみたところ、少し前に最新のファンタスティックフォー(これ…

ファンタスティック・フォー:銀河の危機

前作は普通に面白いのに、なぜこうなってしまった?という感じ。ストーリーもあるっちゃあるんだけど… そんなにストーリーの整合性だとか気にするほうではないけど、なんか滅茶苦茶だなという印象。有名人ヒーローとしての葛藤を描きたかったのが分かるので…

ペット

宣伝文句は「飼い主が居ない間、ペットは何をしているのか?」ですが、その言葉から連想されるスケールを超えています(笑) 動物たちが大冒険を繰り広げます。 犬や猫の仕草が、細かいところまで本物そっくりで、芸が細かい! 本物そっくりすぎて、主人公(犬…

ジャングル・ブック

初回鑑賞時の感想 同時期公開のターザンと何が違うの?一緒じゃん!みたいなコメントを、ネットで見かけたりします。正直、今春まで、私もそう思っていました、ジャングルが題材なのは同じじゃん、と…。 ※同時期に公開されたターザン:REBORNの感想 gisele00…

ウルヴァリン: SAMURAI

CSにて、2回目観賞。 1回目に観賞したときは、福島リラのビジュアルのインパクトやら、いまどきそうそうないだろうというくらい典型的な片言日本語の"ニンジャ"やらに目を白黒しているうちに見終わってしまったのですが、2回目に展開を知った上で観てみる…

ファンタスティック・フォー

あまりにも本国での評判が悪かったために怖じ気づき、大好きなアメコミ映画にも関わらず、劇場で観なかった本作品。 出だしはそこそこで、「あれ?言うほどひどくないじゃん」という感想。 ところが、主人公たちがそれぞれの能力を身に付けたあたりからのス…

ターザン:REBORN

王道をゆくようなストーリーで、基本的に安心して観られます。 動物たちがとてもダイナミックで、映画館ならではの臨場感。 ターザンが木々の合間を抜けてゆくシーンも、臨場感たっぷりです。 アレクサンダー・スカルスガルドは、台詞こそ少ないものの、野性…