The World is Not Enough.

The World is Not Enough.

主に映画と海外ドラマの感想を書いてます。ネタバレなしカテゴリ以外はネタバレあり。時々文房具やコスメの話も。

映画

Mr.&Mrs. スパイ

日本公開を首を長くして待っていたら、いつの間にかビデオスルーになっていた『Mr.&Mrs. スパイ』を観ました。 とある平凡夫婦のお向かいに、やたらラブラブな美男美女が引っ越してきた。華のある夫婦は近隣住民の集まるパーティで人気を集めるが、瓶ビール…

美女と野獣(2017)

IMAX2Dで鑑賞。 キャストの素晴らしさからして最高なこと間違いなしと思って観に行きましたが、期待以上の夢の世界!エマ・ワトソンは知的できりっとした顔立ちがベルにぴったりでした。 最後に魔法がとけるシーンで、調度品たちが次々に名だたる名優に変わ…

ガール・オン・ザ・トレイン

原作が面白かったのと配役最高なのとで期待していた作品。 「重度のアル中の女性が通勤電車の車窓から毎日観察していた、線路沿いの家に住む美女が殺される」という事件が根幹となって、女性陣3人の視点からストーリーが展開されます。 サスペンスと言うには…

ワイルドスピード ICE BREAK(アイスブレイク)

早いもので、もうシリーズ8作目。もはやギャグ映画みたいになってきたけど、ど迫力具合は過去最高! 【注】ハードルを無駄に上げたくはないのですが、過去作を観ていないとストーリーに何も感じるものがないと思うので、必ず過去作を観てください。 前作だけ…

封神伝奇 バトル・オブ・ゴッド

ファン・ビンビンの出演する『封神伝奇(League of Gods)』が、シネマート新宿にて2017年5月27日、シネマート心斎橋にて2017年6月10日より公開されるようです。 *2017/6/25追記* 2017年9月6日に、Blu-ray&DVDが発売される予定です。 封神伝奇 バトル・オブ…

ラ・ラ・ランド 2回目を観てみたら…

※ネタバレ満載なのでご注意ください。 公開から一ヶ月ほど経つというのにまだまだ劇場は満員、通常よりも価格の高いIMAX上映さえ満員御礼の『ラ・ラ・ランド』。 公開前に試写で一度観て、鑑賞直後は、予告編から受けるイメージ通りの優等生的で非の打ち所の…

アサシンクリード(映画版)

公開初日と翌日と2回観て、大興奮したままブログを書くのをサボっていました(笑) あらすじはシンプルです。 人間の自由意思を操ることができる古代兵器・エデンの果実(リンゴ)を巡り、長きにわたって対立してきたアサシン教団とテンプル騎士団。 死刑囚カ…

xXx:再起動

これはヤバイ!上映中ずっとニヤケてました。 アクション、ドニー・イェン、アクション、ヴィン・ディーゼル、アクション、アクション、アクション、セクシーなお姉ちゃんたち(そして強い!)、アクションとドニー・イェンとヴィン・ディーゼル。 それが全…

小悪魔はなぜモテる?!

『ラ・ラ・ランド』の公開が目前に迫っている今日この頃。 今日は、すべてのエマ・ストーンファン、そしてすべてのラブコメ好きの方に観てほしい映画である『小悪魔はなぜモテる?!』(原題"easy A")をご紹介します。 ※『ラ・ラ・ランド』のネタバレなし感想…

ナイスガイズ!

ディテールでは結構笑えるんだけど、個人的にはあんまりノリきれなかった。ただ主役2人は文句無しに良かったし、ディテールに着目すると良いところはいっぱいあったので、テンポが合わなかったんだと思います。(同じ監督の撮った『アイアンマン3』も、アメ…

ラ・ラ・ランド

お堅い優等生映画かと思ったら、人間味溢れるお茶目な優等生映画だった! ※今回はネタバレなしです。ネタバレありの、2回目鑑賞後の感想はこちら。 予告編を観て、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンの演技もストーリーも、手堅い優等生っていう感じかな…

エンド・オブ・ホワイトハウス

『マグニフィセント・セブン』がもっと日本でヒットしますように…ということで、本日は同じアントワン・フークア監督作の『エンド・オブ・ホワイトハウス』の感想を。 『マグニフィセント・セブン』についてはこちらの記事をご覧ください。 ネタバレを含む感…

マリアンヌ

レディースデーだというのに映画館はガラガラ、控えめに言ってもご高齢なご婦人方しかいらっしゃらず大丈夫か!?なんて思ったりもしましたが…。 ともあれブラッド・ピットとマリオン・コティヤール主演の『マリアンヌ』(原題;ALLIED)を観て参りましたの…

"崇高"とは何か(マグニフィセント・セブン)

今回はネタバレ有りで『マグニフィセント・セブン』についてちょっと思ったことを書いていこうと思います。 ※鑑賞直後にネタバレ無しで感想を書いた記事はこちら。 この映画、さして西部劇が好きというわけではない私でも大興奮したくらい本当に面白いですし…

【一言感想】ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

すっごく楽しみにしていた映画。想定していたよりもっと面白く、楽しかった! ティム・バートン監督の言葉どおり、全編を通して「変わり者」への暖かい眼差しに満ちた映画です。ですが、それと同じくらい、「ごく普通の人」への愛にも満ち溢れています。 斜…

ドクター・ストレンジの疑問点

本当はあらすじを含めた感想を書くべきなのかもしれないんですけど、とりあえず一言感想は書いたので、ディスク化されるまではもういいかなあ…と。 gisele007.hatenablog.com なので、今回は、2日連続で劇場鑑賞したにもかかわらず、いまいちストーリーを理…

【一言感想】ドクター・ストレンジ

IMAX3Dで鑑賞。今回はIMAXだと画角が広いので、観られる方はIMAXで是非。 あと、冒頭から最後まで、途切れることなく映像がすごいです。『ゼロ・グラビティ』並みに「字幕邪魔〜!」ってなります。そんな期待に応えるかのごとく、ベネディクト・カンバーバッ…

【試写会】マグニフィセント・セブン

試写会に行ってまいりましたので、とりあえずの感想を。 公開日以降にもう一度観るつもりなので、ネタバレ有りの感想はその際に書く予定です。※ネタバレ有りの感想はこちら。 もろに西部劇なので、まずは西部劇が嫌いじゃないことが前提ですが…義理と人情、…

天使と悪魔

※この記事は、映画の公開当時(2009年5月)に書いたものです。 『天使と悪魔』、観てきました!週末とはいえ平日ということもあってか、劇場はそんなに混み混みではなかったです。 心配だった残虐シーン(?)も、大丈夫な程度になってましたよ。 劇中で結構…

ザ・コンサルタント

ベン・アフレック主演の『ザ・コンサルタント』を観てきました。ややネタバレを含みつつ、感想を書いていきます。 先に言っちゃいますけど、この邦題、もうちょっと何とかならなかったんでしょうか?上の画像を見ていただいて分かるとおり、原題は"The Accou…

コヨーテ・アグリー

誰しも、なんらかの夢ってあると思います。もし今は夢がなくても、幼いころには夢があったという方は多いんじゃないでしょうか? また、自分の好きなことを仕事にしたい、と願う方も多いと思います。そのために努力中の方もいらっしゃるでしょう。(かく言う…

あけましておめでとうございます

遅ればせながら、皆様、新年あけましておめでとうございます。 昨年末ぎりぎりに約6年ぶりに再開した、ブログという趣味。 今年は本格的に、とはいっても気負わず気楽に更新していきたいと思っております。 去年に引き続き、今年も楽しみな映画が盛りだくさ…

バイオハザードⅤ リトリビューション

現在、最新作にしてシリーズ最後の作品、『バイオハザード:ザ・ファイナル』が絶賛公開中ですが、今回はその1つ前、『バイオハザードⅤ リトリビューション』について書きたいと思います。 先週の土曜日、地上波にて放送されたところですね。 以下、映画版…

X-MEN:アポカリプス

2011年公開の『ファースト・ジェネレーション』、2014年公開の『フューチャー&パスト』に続く、新3部作の最後を飾る作品。 60年代、70年代ときて、今回は80年代が主な舞台となっております。 この作品については意見がけっこう分かれていて、2016年公開の…

バイオハザード:ザ・ファイナル

ついにというべきか、やっとというべきか、ともかく終わりを迎えた、アリスの物語。 このシリーズ(映画もゲームも…)のストーリーに整合性とか求める方も最早いらっしゃらないと思われるので、ストーリーについては何も言いません(笑) 綺麗に終わらせてくれ…

ブーリン家の姉妹

あまりにも有名な、アンとメアリーのブーリン姉妹、そしてヘンリー8世の物語。 ベネディクト・カンバーバッチ、エディ・レッドメイン、アンドリュー・ガーフィールドなど、何気に豪華な面々が揃っております。 宮廷ものが好きな方は是非。 エディ・レッドメ…

モンスター上司2

クリス・パイン万歳!!! 主演3人の息の合った掛け合いや、ジェニファー・アニストン、ケヴィン・スペイシー、ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツも、皆、最高なんです。全編通して、ひたすらバカやってます。 ですが、敢えて言わせていただく…

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

エピソード2と続けて鑑賞。映像が格段に進化してる! ヘイデン君の陰のある表情が、皆の悲しい運命をいっそう引き立たせますね。 映画冒頭での、アナキンと対決の際のクリストファー・リーの言葉、そして、愛する人を失うことについてアナキンが話した時の…

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

※スターウォーズにはまったく詳しくない人として、感想を書きます。 アナキンの身勝手さと、ナタリー・ポートマンの美しさと、クリストファー・リーの魅力が炸裂。 エピソード1を過去4回ほど観て、一度たりとも1ミリも面白いと思えなかった(ごめんなさい……

メン・イン・キャット

主人公の入れ替わり&家族再生モノというベッタベタな展開ながら、笑えて泣けて、そしてかわいいという、三度お得な映画。 上映終了後、みんなニコニコして出て行きました。 オープニングからネコの可愛さにやられ、ケヴィン・スペイシーの傲慢社長ぷりにニ…