The World is Not Enough.

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The World is Not Enough.

主に映画と海外ドラマの感想を書いてます。ネタバレなしカテゴリ以外はネタバレあり。時々文房具やコスメの話も。

"崇高"とは何か(マグニフィセント・セブン)

今回はネタバレ有りで『マグニフィセント・セブン』についてちょっと思ったことを書いていこうと思います。 ※鑑賞直後にネタバレ無しで感想を書いた記事はこちら。 この映画、さして西部劇が好きというわけではない私でも大興奮したくらい本当に面白いですし…

【試写会】マグニフィセント・セブン

試写会に行ってまいりましたので、とりあえずの感想を。 公開日以降にもう一度観るつもりなので、ネタバレ有りの感想はその際に書く予定です。※ネタバレ有りの感想はこちら。 もろに西部劇なので、まずは西部劇が嫌いじゃないことが前提ですが…義理と人情、…

ゴーストバスターズ

「男性主人公たちを女性に変更、ね~…。どうなの?安易すぎない?」と、予告編を観るたび思っていた本作品。 そんな思いを、いい意味で裏切ってくれました。 オリジナルの、イケてない主人公たちの醸し出すゆるい雰囲気はしっかり残しつつ、中~後半では、お…

ジャングル・ブック

初回鑑賞時の感想 同時期公開のターザンと何が違うの?一緒じゃん!みたいなコメントを、ネットで見かけたりします。正直、今春まで、私もそう思っていました、ジャングルが題材なのは同じじゃん、と…。 ※同時期に公開されたターザン:REBORNの感想 gisele00…

ターザン:REBORN

王道をゆくようなストーリーで、基本的に安心して観られます。 動物たちがとてもダイナミックで、映画館ならではの臨場感。 ターザンが木々の合間を抜けてゆくシーンも、臨場感たっぷりです。 アレクサンダー・スカルスガルドは、台詞こそ少ないものの、野性…